定年前後、学んでお得

充実したセカンドライフの過ごし方を応援。起業・趣味・健康・終活・人間関係等、人生フル回転!

どん底に落込んだ時、(元気になる言葉)

f:id:bravomavie:20200513020430j:plain
裸の王様・みにくいアヒルの子・マッチ売りの少女・人魚姫・親指姫など、世界で敬愛されている、童話作家アンデルセン

アンデルセンは、幼少期、実は、悲惨な家庭環境にあった。父親は貧しい靴職人。11歳で父親を亡くした彼は、15歳の時、学校を中退して、コネも金もないのに、オペラ歌手を目指す。が、夢は叶わず、挫折。
 

一体自分の進むべき道は、、、、、❓❓❓

f:id:bravomavie:20200511024803j:plain

模索する中、ある詩人と出会い、文学への道が開けていったという。このときの体験か生まれた言葉が、
一見この上なく大きく思われた不幸のなかに、じつは向上の一段階が横たわっていたのである (大畑末吉訳『アンデルセン自伝』岩波文庫 ということ。

 

f:id:bravomavie:20191121034951j:plain

 思い通りにならないときに、腐らず、悩みや困難に負けないで、前進と向上のチャンスに変えていけるか。 

もがきながら、苦しいけれど進む中に、本当の「自分らしさ」を発見中、と、自分を励ませる続けられる人。その不屈の負けじ魂に、必ず、自分の行く道を見つけられると信じる。

f:id:bravomavie:20200511031536j:plain

負けてたまるかー!


人気記事
ブランド品を高く売るコツ

人気記事 スキマ時間で司法書士試験に合格。

人気記事 糖質80%カットでもおいしいパンセット